自分が必要としているものを選び鍵交換をしよう

ドアノブの種類は数多くある~自宅にあるドアノブの形をチェック~
ドアノブの種類は数多くある~自宅にあるドアノブの形をチェック~

室内錠におすすめな鍵の種類

室内錠の鍵交換を考えている人も少なくありません。自身の用途に合った鍵がないかと探してる人もいることでしょう。室内錠には様々なタイプがあるので、いろんなものを見た上で鍵交換を検討すると良いといえます。

室内錠の鍵交換をするならこれ!

円筒錠
ドアノブにシリンダーが内蔵されている、キー・イン・ノブタイプです。錠の本体は、円筒状になっています。鍵を閉める際に、ラッチというものを固定してドアを開かなくすることができるのです。この円筒錠をドアに設置する時は、2方向から円筒が入る程の穴を開けるだけで済むので、設置も簡単です。
チューブラ錠
鍵の機構部がチューブ状のケース内にあります。このチューブラ錠も円筒錠と同じく、鍵交換する際の設置が簡単なものです。設置に手間がかからないものを望むのであれば、チューブ錠はおすすめです。このチューブ錠を設置するのは、主に室内に限られます。理由としては、鍵の作り事態が簡単な作りになっており防犯性能が低いことが挙げられます。玄関の鍵としてはまったく向いていません。
インテグラル錠
インテグラル錠は、円筒錠とタイプが似ています。インテグラル錠も円筒状で、ノブの中にシリンダーが内蔵されている、キー・イン・ノブタイプです。錠本体の作りは非常にしっかりしており、簡単に破壊できないくらい頑丈です。昔からよく使われているドアノブとして知られています。

室内錠の鍵には、このように様々な種類があります。仕組みが似ているものがありますが、扱う時の用途によっては向き不向きがあります。それぞれの仕組みや性能を理解した上で、自分が必要な室内錠を選ぶようにしましょう。

TOPボタン